商品情報

長ネギを傷めず、袋詰め作業の効率も上がる「お手間ポケット」の紹介です。

新製品情報

2019年01月18日

株式会社ミヤウチ 飯田本社の鳴海です。
長ネギが美味しい季節になりましたね。我が”鳴海家”では、鍋焼きうどんが出てくることが多くなり、具材には長ネギが欠かせません。

この長ネギを袋詰めする際、袋に長ネギが引っかかってしまって、詰めにくいというお声を聞くことがあります。さらには、引っかかったまま無理矢理詰めようとして、傷が付いてしまうこともあります。

そこで長ネギの包装にオススメしたいのが、クルリと巻くだけで包装が出来る「お手間ポケット」です。底の部分が袋状になったポケットがついていますので、その部分に根の部分を差し込み、両端を織り込んでテープ止めするだけと、とても簡単に梱包できます。

動画はコチラからご覧頂けます。「お手間ポケット」

この袋のサイズは、幅270mm×ポケット幅100mm(全長500mm)ありますので、長ネギだけではなく、千切れやすい水菜や、葉が広がるセロリにもお使い頂けます。

お手間ポケットで袋詰めの際のイライラを解消し、従業員の方の作業効率を上げませんか?詳細は鳴海までお問い合わせ下さい。

この記事の投稿者

鳴海貴大

鳴海貴大

ページ最上部へ