2018合同新年会

  • 2018.2.1
  • Category: 私の業務

去る1月27日(土)、弊社飯田本社並び伊那本社での合同新年会を行いました。

今週は週の頭より、政府の長による施政方針演説が行われ、様々な代表質問ならび答弁が行われておりました。

好景気とはどちらを見ておっしゃられているのか、先送りし続けるツケ=国債をはじめとする「国の借金」が過去最大を更新したという状況をどこに置いての議論なのか、生産人口が益々減っている現在に生産マインドを更に下げるかのような、ひいては国力を落としていくかのような改革論や応酬の数々に、虚しさや憤りを加えて覚えました。

また経済面だけでなく、安全保障面でも混沌としております。有事の際、この国を守るのは誰達なのでしょうか?

経済面でも、安全保障面でも、自分たちが暮らすこの国を守っていこう!とするマインド醸成こそが、「人づくり」のような気がしてやみませんでした。

何のための営みなのか?
何のために仕事するのか?

夢実現のため(人生の中にあるから)ではないのでしょうか?
その夢を叶えるのは誰なのでしょうか?

より高いものを手にする、実現するためなら、自身で自身の取り組み方・考え方を変革させ続けること=不易流行での自律こそが、昔と今も変わらぬ本質ではないのでしょうか。

時間を働く(×) 質で働く(○)

仕組み・ルールはもちろんですが、限られた時間を効率よく取り組み、成果を出していくことを考える、その腕を磨く、それらを依存してはならないと思います。

何が優先されるのかは縦横二軸で捉える。

旧態依然で時間を過ごす上に時短での単軸発想では、夢やそれらは手にできないものです。

今年は戌年、その良き謂れを改めて胸に刻み、力を合わせて頑張ってまいります。


 

  

 

 


社長プロフィール

宮内剛

宮内 剛
メッセージ
代表挨拶 »

新着記事

カテゴリー

年月

スタッフブログ